Oui C'est La Vie


by mahoro666

前進

ブログがライフワークになりつつあるmahoroです。
今日は、病院に行ってきました。
まぁ、つまり会社は休んじゃいましたね;



私、「精神・神経科」に行きました。

まず、最初に問診表を書いた。症状とか、原因とか、いろいろ書くの。結構、詳しく書く。お酒やタバコ、家族構成とかも。
次に、血圧と体温測った。
血圧は相変わらず低かった(上98、下60くらい)、で、ちょっと熱あった;;

次に、○×のアンケート(50問くらいあったと思う)に答えた。
めまいがしますか?
頭が酷く痛くなることはありますか?
とか、こんな質問。

次に、「予診」。
予診ってのは、若い先生が私の話を聞いてメモを取るもの。質問もいろいろされる。
若い先生は、その結果(メモ)を偉い先生(?)に渡す。
偉い先生はそれを見ながら私に質問する。これが「本診」

まあ、どっちも泣かないで話すのはできなかったけど;全部、話した。
(ちなみに話せなくなったときのために、このブログ印刷して持っていきました)

私、相手が悪いと思って良いって(皆が言ったとおりだね;)
私が変わる必要はないって。
私の行動とか、いろいろ、病気の前兆だったんだ。
今は、がんばらなくていい。

結論
「鬱病orパニック障害」
診断書には、鬱病と書かれてました。

相手がかわるか、環境が変わらないと、治らない。私の病気。

本当は一ヶ月くらい休んだほうが良いらしいのですが、「休まなきゃいけない状態だけど、私に働く意思がある。」という形で、診断書には「休職が必要」といったことは特に書かないでいただきました。
お薬ももらった。(バキシルってやつ)

家に帰った。上司から電話が来た。
診断結果を、話した。「明日、診断書をもって行きます」
そこで、伝えられたこと。

彼女に「注意」をすること。
つまり、相談してきた内容は彼女に伝えられる(怖いなぁ)
もう、彼女と働く形はとらないということ。
部署が変わるかもしれないこと。
(同期の間で「悪い噂」がたたないか、変わった部署でうまくやれるかという私の不安ができた。)
そして、「今週は休みなさい」ということ。
きっと、明日診断書を持っていっても、私の対応に困ってしまうのだろうか。

そして、私は「病気」で休んでるくせに友達とお茶した。
いろんな話をした。ざべ様、ありがとう。

さっき、初めて薬を飲んだ。効いてるのか、よくわかんない。
ああ、でも頭痛が消えたかも。
ただ、ちょっと気持ち悪いし、体がふわふわする(副作用らしい)
そして、左手がしびれるんだけど、これも副作用??

とりあえず、明日も休もうか。で、いつから行っていいか聞こう。
(私は、連続で休んで連続で行くなら、二日おきくらいに休みたい…ってこれはワガママだ。)

お仕事したいなぁ。それが辛いなぁ。
でも、これってきっと前進だよね。

支えてくれた人たちへ
今日ちょっと前進しました。ありがとうございました。
[PR]
by mahoro666 | 2007-05-08 21:50 | 日記