Oui C'est La Vie


by mahoro666

とんでもない妄想

今月は病院に行くので一日代休を取ります。
病気で有給使い切った私は有給なぞ取れんので。

前に病院行ったのは2ヶ月前で、10月11月は体調が良くて薬貰いに行くだけだったんだけど、薬を一個控えるようになった&仕事が忙しくなった先月から体調が悪くなりがちです。

まあ、いろいろ心労も溜まるんですよね。



忘年会の幹事をやってお金の計算が合わなくて同期ともめたり
そもそも会費が高いといわれたり

特にけんかでなくても同期ともめるのは辛い。
「あのこと」を思い出すから。
私が泣くのは仕事がきついときでも叱られたときでも、はたまた人ともめたときでもなく、「あのこと」をリアルに思い出したときだ。

「又同じことがおきるようなら、あなたの性格に問題があるのかもしれない」
カウンセラーさんの言葉が忘れられない。

薬を控えたら離脱症状がでるようになって、休み明けが結構辛くて薬を飲んだり、次の日のことを考えて眠れなくて薬を飲んで寝たりする。

忘れた頃に「彼女」が私のミクシィを覗いている。もちろん、「彼女」は私をアク禁にしている。
私もやろうかと思ったが無駄。私のマイミクには「彼女」と交流がある人もいるのだ。

彼女はもう私にとってアレルゲンみたいなもんで、思い出したり、見たり、聞いたりすると調子が悪くなるんだ。まあ、それは「あのこと」を思い出すからなんだけど。

時間は流れてく。
きっと私以外、「あのこと」は忘れてしまった。
「彼女」は普通に課に溶け込んで、数少ない知っている人も忘れていくのだろう。
そしてなかったことになるか、むしろ私の妄想だったということになるのだろう。

妄想だったら、もっと派手にやるよ。
[PR]
by mahoro666 | 2008-01-16 22:18 | 日記